一宮市の結婚相談所おすすめ

本気で婚活・お見合いしたい方は必見!

バツイチの婚活で気をつけること

何らかの理由、原因で離婚する夫婦は近年では増えており、若くして結婚をし20代で別れるとしている夫婦も多くいます。そして熟年離婚としても社会問題として話題となっています。その多くは性格の不一致がもっともの理由としていますが、浮気やDVなどもあげられ苦い過去として記憶に残っている人もいるようです。

そこで第二の人生として歩み始めたいとし、再婚を考える人も少なくはないようです。ここでは離婚歴のあるバツイチの婚活で気をつけることをまとめてみましたので、今後の参考としてご覧くださいね!

婚活で離婚歴がある人の注意点
  • バツイチであることに引け目を感じることはない
  • 近年では離婚率も高くしていますので、昔と違く非難を浴びることはありません。また一度ではなくバツニ、バツ三としている人もそれほど珍しくはないようです。ですので引け目を感じることなく堂々とした態度で婚活することが望ましいとしています。人生の失敗とするのではなく今後の良き人生を歩むための試練として考えましょう。

  • 婚活の際のプロフィールは偽りなく正直に
  • 簡単に入会できる婚活サービスでは離婚歴を隠し、嘘の経歴を書く人もなかにはいるようです。再婚したいがために偽る人もおり、いづればれたときには破談やもしくは結婚後に離婚となるケースもありますので正直に記入することは重要としています。

  • 以前の離婚の原因をしっかりと自覚する
  • 離婚の原因が自分であるのか、パートナーであったのかしっかりと自覚する必要があります。以前のような二の舞とならないためにも、直すべきところや注意するべきところを把握することが大切となっています。

  • 民法上の規定に要注意!
  • 民法733条によると女性は離婚届けをだしてから6ヵ月が過ぎないと再婚することができません。女性が妊娠した際、離婚した前夫の子、再婚した現夫の子のどちらかという混乱を避けるために設けられたようです。

  • 相手の家族にも誠実に対応
  • 再婚同士ならまだしも、パートナーが初婚としていれば相手側の家族はあまり良い印象を持たれないことは覚悟しなければなりません。なかには本人同士に任せるとしている家庭もありますが、やはり大事な子どもの将来を考えると不安は大きいことは理解しておかなければいけません。そこで誠実な対応で幸せな家庭を築くとした誠意ある行動も大切としています。

バツイチで再婚する秘訣は?

以前では結婚相談所においては初婚の人が主な対象としていましたが、昨今では様々なプランが提供されておりそのなかには再婚を対象としたコースも見られます。30代、40代、50代の再婚やシルバー婚のプランなどもあり、結婚願望はあるが離婚を期に消極的となっている方は専任のアドバイザーのサポートが受けられる結婚相談所がおすすめとなっています。

同じ境遇のパートナーを見つけることもでき、お互いに相性があえば初婚の方との出会いも可能としています。まずは新たな気持ちで婚活をすることが、再婚できるチャンスとなるのではないでしょうか。