一宮市の結婚相談所おすすめ

本気で婚活・お見合いしたい方は必見!

子持ちの婚活で気を付けること

3組に1組は離婚をしている現在の日本では、シングルマザーとして生活している人が多くいます。離婚の場合ではたいてい母親が親権を握るとしていますので、シングルファザーは少ないとしていますが存在しています。そこで一人親で子育てしている家庭では、貧困率も高いとしていますが必ずしも皆が当てはまるわけではありません。

しかし、子どもが寂しい思いをしているのはどの家庭も同じではないでしょうか。そこで子持ちとしながら婚活に取り組む方も昨今では増えているようです。そのため結婚相談所や婚活パーティーではシングルマザー、ファザーのためのプランを提供しているところが多くあります。ここでは子持ちの婚活で気を付けるポイントをまとめてみましたので、再婚を検討している方は今後の参考としてご覧くださいね!

シングルマザーが婚活するわけとは?
  1. 片親で子どもに寂しい思いをさせているため
  2. 経済的理由により生活の安定を求める
  3. 心の支えとなるパートナーが必要
子どもの気持ちを第一に考えて!

お母さん、お父さんだけの気持ちだけではなく子どもの気持ちを第一に考え、自分の意見を主張できる年齢なら二人で話あうことが大切となっています。シングルとなった理由は様々で離婚のケースが多くあげられますが、病死や事故死などとした場合ももちろんあります。

そこで今まで一緒に住んでいた大好きなパパ、ママが突然、いなくなってしまったらお子さんの心のキズは深いものとしています。ですので、キズが癒えていないうちに再婚となると、相手に馴染むこともできずに夫婦の間にも問題が起きることも予想され破局となることも考えられます。

また小さなお子さんがいる場合では、理解あるパートナーを選ばなければなりません。お互いに気が合い、好意をもったとしても子どもの存在を疎ましく思っていたりすれば今後の生活は夫婦中心の生活となり、子どもは二の次となってしまうことも考えられます。ですので子持ちの婚活の際には簡単に再婚相手を決めることは要注意となっています。

そこで現在、子どもが受け入れられる安定した状態であるか把握した上で、シングルマザー、ファザーの婚活は始めるべきとしまた末永く幸せな家庭を築く秘訣でもあるようです。