一宮市の結婚相談所おすすめ

本気で婚活・お見合いしたい方は必見!

男女別の結婚適齢期について

厚生労働省が発表している平均婚姻年齢(初婚)の全国平均は、2014年男性が31,1歳、女性は29.4歳となっています。1950年代では共に20代半ばを平均としていますので、いかに晩婚化が進んでいる社会情勢としているかがわかります。

その背景には日本経済の低迷も問題としていますが、若い年代の結婚への理想、願望、考え方も変化していることも理由の一つとしてあげられるようです。そのため生涯、結婚をしなくても良いと考えている人も増え未婚率も高くなっているのが現状としています。そこでここでは男女別の結婚適齢期について検証し、まとめてみましたので将来のライフプランとしての参考としてみてはいかがでしょうか。

実は結婚したい男性は多い?

男性自身の結婚適齢期は30歳ぐらいと認識している人が多いようです。しかし結婚しない理由として相手がいないことがあげられるようです。しかし仕事の関係で出会いがないとしている人や、自分に自信がなく消極的で恋愛ベタな人などでは、理想の相手が見つかれば結婚したいという人もいるようです。

反対に結婚に対して面倒としている人もおり、自分のプラベートな時間がなくなる、家庭をもつ自信がないとしている人も少なくないようです。しかし男性の場合では年齢を重ねるごとに生涯、共に過ごすパートナーの存在を求めるようになる傾向が強いとしています。

女性はウエディングドレスを夢見る?

女性が考える結婚適齢期は30歳を目前とした27、28歳としているようです。20代前半で結婚する人もおり、その後こどもを出産し子育てに奮闘しているとした周りの友達が増えていくことでかなり焦る人も少なくないようです。しかし反対に男性と同様に適齢期としても、結婚を考えていないという人も増えているようです。

その頃の年齢になると職場でのポジションも責任のあるものとし、仕事にも経済的にも充実してくる女性も存在してきます。そこでキャリアウーマンとして仕事にも生活にもメリハリがあり結婚はニの次としている人もいるようです。そこで幼い頃はウエディングドレスを着てお嫁さんになるとした夢は、心の隅においてしまう女性では気づいたときには適齢期が過ぎ焦りを感じるという方もいるようです。

昨今の結婚事情は本気で婚姻を望む人のための婚活サポートとして、結婚相談所がありますので利用することでこれまで諦めていた結婚も現実に叶うことも期待できるとしています。ですので適齢期だからではなく結婚を考えたその時から婚活を始めることが大切でもあるようです。